お肌の状態が良くない人は脱毛できる?

脱毛と言っても、毛だけに働きかけるのではなく、お肌に対して施術していくことになります。そのため、毛の状態よりもしっかり注目したいポイントと言えるのがお肌なのです。では、どのようなお肌の状態の時に、脱毛を断られてしまうのでしょうか?

 

アトピー肌は?

まず、多くの方が不安に感じるのが、アトピー肌に対しての施術でしょう。これは、アトピーの状態とサロンの方針によって変わってきます。中にはアトピーがあると一切施術不可というサロンもあるかもしれませんが、基本的には、条件付きでアトピー肌でも施術可能となっています。

 

その条件というのは、肌に明らかな痒みや炎症が無いということです。アトピー症状を起こしやすい肌質であっても、症状が落ち着いている時には施術が可能なのです。ただし、素人判断は危険なので、事前にスタッフや担当医とよく相談して、弱めの出力で優しく働きかけていきましょう。

地黒の肌は?

脱毛サロンでは、日焼けしたお肌に対する施術は断られる場合が大半です。なぜなら、日焼けというのは火傷の一種であり、お肌が多大なダメージを受けているため、トラブルのリスクが高まるというのが大きな理由ですね。では、日焼けではなく、生まれながらに暗めの色のお肌、つまり地黒の場合にはどうでしょうか?

 

実は地黒の場合、程度にもよりますが、施術可能と判断されるケースが大半ではあるものの、実際に受けてみてもイメージ通りの効果が実感できないことがあります。それは、脱毛サロンで主流となっているフラッシュ脱毛が、ムダ毛のメラニン色素に反応する仕組みだからです。地黒の場合は毛が目立ちにくく、光が反応しにくくなってしまうのです。

 

その点を踏まえて、スタッフに肌の状態をよくチェックしてもらい、受けるべきかどうか検討すると良いでしょう。

ホクロやタトゥーのある肌は?

大きなホクロがあったり、タトゥーを入れている肌の場合には、その部分を避けた脱毛になると考えてください。フラッシュ脱毛を受ける場合、こういったホクロ、タトゥーに含まれる色素に、光が誤って反応してしまう恐れがあります。すると、エネルギーが集中して火傷などの肌トラブルを起こす可能性があるのです。

 

これは傷跡などがある場合でも同じです。そういった場合には、ホクロ、タトゥー、傷跡などの部分に保護シールを貼って安全面に配慮した施術をしていくことになります。つまり、そういった部分のムダ毛は取り残すことになると考えてください。

関連ページ

体調が普通じゃない人
脱毛はお肌の表面から、ムダ毛に対して働きかけるものですので、「体調など関係ない」と考えている方もいらっしゃるでしょう。ですが、ムダ毛だって身体の一部。体調によっては、脱毛が受けられない場合もあるのです。
体質で受けられない人
脱毛サロンで受ける脱毛は、体質によっても受けられない場合があるので注意が必要です。体質に不安なところがある場合には、隠して契約するようなことはせず、無料カウンセリングの時点でしっかり伝えてください。これは安全な脱毛のために重要なことです。
女性特有の症状で受けられない人
ムダ毛にはホルモンバランスが大きく関係しているということが知られています。そのため、女性特有の症状などで脱毛が不可と判断される場合もあるのです。サロンにより方針が違う場合もあるので、よく確認しておくことが大切ですね。