女性特有の症状で脱毛を受けられない人

ムダ毛にはホルモンバランスが大きく関係しているということが知られています。そのため、女性特有の症状などで脱毛が不可と判断される場合もあるのです。サロンにより方針が違う場合もあるので、よく確認しておくことが大切ですね。

 

生理中の脱毛は?

まず、大抵の女性に毎月のように訪れるのが生理ですね。生理中の脱毛に関しては、サロンによって方針が違いますが、基本的には推奨されていません。これは、ホルモンバランスが整いにくいということや、体調が不安定になりやすく、肌が過敏になって痛みを強く感じたり、肌トラブルを起こすリスクが高まるからです。それから、全身脱毛の場合にはVIOラインやお尻といった部位も含まれるケースが多いですが、これらの部位は衛生面から、どこのサロンでも生理中の脱毛不可となっています。

 

できるだけ生理の予定日を外して予約を入れていく、という工夫が重要ですね。特に脱毛ラボの月額制プランなどのような、月2回の予約を入れるプランの場合には、慎重に生理の日を外すよう、よく考えて予約を入れましょう。不安な場合には、2カ月に1度程度のペースで通えるパックプランなど、違ったコースを選んでも良いですね。

妊娠・授乳中は?

妊娠している方の場合、どこの脱毛サロンでも確実に断られます。もし脱毛の契約期間中に妊娠したとしても、脱毛は強制的に中止となります。これは、脱毛が妊婦さんにとって危険であるからというわけではなく、効果が期待できないからという点が大きいと言えます。ホルモンバランスが急激に変化する妊娠中の脱毛は、ほぼ無意味なのです。

 

そのため、脱毛部位に関わらず妊娠中の脱毛は、どこのサロンでも不可となっています。効果がないだけでなく、痛みによりお腹に力が入ってしまったり、身体が冷えてしまうなど、母体や胎児が危険な状態になることもないとは言い切れません。そんな場合に、脱毛サロンでは対処しきれませんので、妊娠中には施術は受けられないのです。

 

それから、授乳中に関しても生理が来ていない場合は、受けてもほぼ、効果が得られないと考えられます。また、乳輪周りなどの脱毛は不可と判断されます。ですが、中にはこういった部位を除いた脱毛であれば、授乳中でも可能というサロンもありますので、こちらも問い合わせてみましょう。

ピル服用中は?

ピルは生理の痛みの軽減など、様々な目的で使用されるようになっていますね。ですが、このピル服用中の脱毛は、断られるケースが多いのです。

 

ピルは、服用している時に光を浴びるとシミになりやすいと言われています。そのため、脱毛を受けた部位にシミが発生するリスクがあるということから、脱毛が受けにくくなっているのです。また、ピルによる作用でホルモンバランスが乱れて効果が得られにくいということも、理由として考えられます。

 

脱毛を受けたいのであれば、一時的にピルの服用をやめるなどの工夫が必要ですね。

関連ページ

体調が普通じゃない人
脱毛はお肌の表面から、ムダ毛に対して働きかけるものですので、「体調など関係ない」と考えている方もいらっしゃるでしょう。ですが、ムダ毛だって身体の一部。体調によっては、脱毛が受けられない場合もあるのです。
お肌の状態が良くない人
脱毛と言っても、毛だけに働きかけるのではなく、お肌に対して施術していくことになります。そのため、毛の状態よりもしっかり注目したいポイントと言えるのがお肌なのです。では、どのようなお肌の状態の時に、脱毛を断られてしまうのでしょうか?
体質で受けられない人
脱毛サロンで受ける脱毛は、体質によっても受けられない場合があるので注意が必要です。体質に不安なところがある場合には、隠して契約するようなことはせず、無料カウンセリングの時点でしっかり伝えてください。これは安全な脱毛のために重要なことです。