体調が普通じゃない人は脱毛できる?

脱毛はお肌の表面から、ムダ毛に対して働きかけるものですので、「体調など関係ない」と考えている方もいらっしゃるでしょう。ですが、ムダ毛だって身体の一部。体調によっては、脱毛が受けられない場合もあるのです。

 

風邪などの軽い病気

風邪をひいてしまった、熱があるなど、ちょっとした体調不良の場合、無理をして脱毛に行きたくなってしまいますね。ですが、できればこういった軽度の病気の時でも、脱毛は避けた方が無難です。なぜなら、体調が悪い状態の時にはお肌のバリア機能なども低下しており、思わぬ肌トラブルに繋がる可能性があるためです。

 

また、脱毛を受けている最中に体調が悪化して気分が悪くなることもあり得ますし、脱毛時の痛みも、いつもよりも敏感に感じてしまうこともあります。普段は何ともない脱毛が大きなストレスに感じられてしまう可能性があるのです。

 

それに、スタッフの方や他のお客さんに風邪をうつしてしまう可能性もあり、迷惑になるということを考えても、やはり感染症を患っている時は極力、脱毛サロンに訪れるのは避けるべきだと言えますね。

持病がある場合

何らかの持病をお持ちの方の場合は、事前にスタッフや担当医とよく相談し、大丈夫であると判断されれば脱毛に踏み切ることができます。ですが、基本的には脱毛は、健康な身体の状態で受けるものであり、持病がある場合には断られてしまう可能性が高いと言えます。

 

例えば糖尿病などの持病があれば、脱毛は受けられません。他にもてんかんなどの症状がある方も断られてしまいます。病気の内容によっては、サロンにより対応可能な場合もありますので、複数のサロンに問い合わせてみると良いでしょう。

病気と脱毛

脱毛サロンで受ける脱毛は、身体の一部である皮膚に施術し、ムダ毛に働きかけていきます。そのため、全身状態も大きく関係してくるのです。特に全身脱毛の場合は施術範囲も広いため、しっかりと体調を整えておく必要があると言えます。

 

特に予約を入れている日が近づいている時には、人ごみに出かけない、栄養や睡眠をしっかりとる、手洗い・うがいをするなど、体調管理に努めましょう。それでも風邪をひいてしまった時には、できるだけ前日までには連絡を入れるのが理想ですね。

 

もし途中で長引くような病気を患ってしまった場合には、脱毛サロンに相談して、いったん中断しましょう。完治した後に再開できる場合もあります。サロンにより対応は違いますので、まずは問い合わせてみてください。

関連ページ

お肌の状態が良くない人
脱毛と言っても、毛だけに働きかけるのではなく、お肌に対して施術していくことになります。そのため、毛の状態よりもしっかり注目したいポイントと言えるのがお肌なのです。では、どのようなお肌の状態の時に、脱毛を断られてしまうのでしょうか?
体質で受けられない人
脱毛サロンで受ける脱毛は、体質によっても受けられない場合があるので注意が必要です。体質に不安なところがある場合には、隠して契約するようなことはせず、無料カウンセリングの時点でしっかり伝えてください。これは安全な脱毛のために重要なことです。
女性特有の症状で受けられない人
ムダ毛にはホルモンバランスが大きく関係しているということが知られています。そのため、女性特有の症状などで脱毛が不可と判断される場合もあるのです。サロンにより方針が違う場合もあるので、よく確認しておくことが大切ですね。