クーリングオフを利用!

脱毛サロンでの契約は、クーリングオフの対象となる場合があります。
特に全身脱毛の場合には金額が大きいため、1度契約してもクーリングオフできる可能性が高いですね。
そのため、もし勧誘から逃げられそうにない場合には、一度契約した後にこの制度を利用するという手もあります。

 

クーリングオフするための条件

まず、クーリングオフには受けるための条件があることを知りましょう。
これは、期間が1ヶ月、金額が5万円を超える契約にしか適用されません。
脱毛に関しては期間は問題ありませんが、金額が安価なものも多いので、対象外となる可能性もあります。

 

全身脱毛に関しては、一括して支払った場合は対象金額を超えることになるでしょう。
ですが月額制などの場合には対象外になる可能性もあるので、事前に確認しておきましょう。
中には5万円以下でもクーリングオフを受けられる良心的なサロンもあるので、これもサロン選びの際のポイントになります。

 

帰宅後冷静に考えてから!

クーリングオフと言う制度は、いったん帰宅して、冷静になって考えてみたらやっぱり、契約するべきではなかったと判断した場合に解約できるというものです。
つまり、脱毛サロンで勧誘に遭った、あるいは勧誘されていなくても、その場ではテンションが上がって契約してしまった、という時でも、帰宅後よく考えてから解約することができるというものなのです。

 

ただし、これには期間があります。
契約日から8日以内となっていますので、もし解約したいのなら、できるだけ早く手続きすることが必要です。
ひどい勧誘に遭ってしまった場合、その場を逃れるための最終手段として、この方法も覚えておくと良いでしょう。

関連ページ

勧誘するサロンは激減!
最近の脱毛サロン事情を見てみると、一昔前には当たり前のように行われていた「勧誘」が、激減してきていることが分かります。これには、ネット社会と言われる現代の社会状況が大きく関係しているようです。
お金は持っていないことに!
お金持ちと聞くと、「お金があるんだから高額なコースも契約できるでしょ!?」なんて思われても仕方ありません。かっこ悪くても、「私、お金が無くって」と言っておいた方が、勧誘対策としては有効です。
誰かの許可が必要ということに!
例えば全身脱毛の無料カウンセリングを受けに行き、まだ迷っているけれど、強引に契約させられそうになって困ることがあったとします。ここで使える裏ワザが、「許可」をもらわないと契約できないという言い訳です。
時間を区切っておく!
最も勧誘を受けやすい機会と言えば、サロンに初めて訪れる無料カウンセリングの時です。ここであらかじめ、長々と勧誘されないためにも、予防線を張っておくと良いでしょう。その方法は、時間を区切っておくというものです。